パリップ(レンズ豆のカレー)のレシピ

パリップ(レンズ豆のカレー)のレシピ

この間、初めて食べた
nidomiのパリップが絶妙にうまかった。

ここ数週、頭から
パリップなる豆カレーが頭から離れない。

ならば、自分で作ればいいやんと、
自作の道を模索。

ただ、このとき初めて作ったパリップは失敗である。
続パリップ(レンズ豆)のレシピはこちらから!

しかし、それまでいくつまでの過程は必要と
この記事は削除せずに置いとく(笑)

まずは、
ネットに上がってるパリップのレシピを検索。

情報は多くはないが、
パリップのレシピがないわけではない。

ちなみに、今回参考にしたのが、
かしゃぐら通信
スパイシー丸山「カレーなる365日」
walkriki
など。

それぞれを自分なりに都合よく解釈して
持っているスパイスと豆で作ってみることに。

↓ 材料はこちら ↓

—–野菜———–
トマト  1つ
玉ねぎ  半玉
青唐辛子 2本
にんにく 1片

–ホールスパイス—–
カレーリーフ    適当に数枚
シナモンスティック 1/4
コリアンダー    小さじ1
クミンシード    小さじ1
マスタードシード  小さじ1

–パウダースパイス—-
カイエンペッパー  少々
ターメリック    少々

—–残り————
ココナッツパウダー 50g
レンズ豆      150g
鰹節        大匙1

野菜
まずは野菜をカットしておく。

トマト  1つ
玉ねぎ  半玉
青唐辛子 2本
にんにく 1片

にんにくだけ別に。
20140415-195146.jpg
ホールスパイスを炒める。

スタータースパイスは、
マスターシード・シナモン・クミンシード。

ちなみに、
パリップは油を使わないカレー
なんて情報もあるが、

素人の俺はどっちが正しいか知らん(笑)
20140415-195224.jpg
レンズ豆は洗っただけで、
なんら特別なことはしとりません。

余談ですが、
レンズ豆を使うのもはじめて。

あれもこれも
はじめてだらけ
これ、大丈夫か? ∑(゚∀゚lll) 
野菜を炒める
スタータースパイスの後に野菜も炒める。

そこにカレーリーフを数枚投入。

当然のことながら、
おいらが生なんて持ってるわけもなく、
ドライカレーリーフをIN。

そしてカットしたにんにくもIN。

次にカイエンペッパーとターメリック
パウダースパイスを入れる。

ここでコリアンダーも同じく。

たぶんコリアンダーは要らん兵なはずだが、
個人的に好きな味なんで。。。
レンズ豆
レンズ豆を投入して、

佐々っと炒めて
成政~

意味はわからんが。
ココナッツパウダー
ココナッツパウダーを。

本当はポルキリって感じで
軽く炒めたココナッツパウダーに
水を投入して熱して搾るのでしょうが

なにぶん面倒なので直接パウダーを。
水と鰹節
水と鰹節を。

水は600ccくらいかな。

本当はカッコよく
モルディブ・フィッシュとか言いたいが
そんなもん、持ってない。

ならばと、
関西人宅では、
ほぼ常駐してるであろう
お好み焼き用のカツオ粉で代用。

これでホンマに良いのかわからんが(笑)
パリップ
パリップを煮込み、
出来上がるまで、
プッシュアップして待つことに。

水分がなくなってきたら
鍋に水分補給。

その頃には
プッシュアップで流れる汗の水分補給

少し味見をしてみるが
豆が少し固いので

クランチをする間
まだまだ煮込むことに

そして、再び鍋に水分補給
もちろん、体にも水分補給

ここで再びパリップの味見を、
まだまだっぽい。

次は背筋の筋トレをしてる間
煮込みに煮込むことに。

筋肉痛で苦しみだす頃、
味見をして塩で味を調節。

しかし、
やっぱり純日本人な俺
醤油も少し入れたくなる。

すると
不思議とバッチリきまる ∑d(≧▽≦*)OK!!

本当のパリップは、
もっと水分がひたひたなカレーなはずだが、
水分が飛んでる感じの方が好きなんで、
このままフィニッシュ。
20140416-112520.jpg
パリップを玄米と白米を混ぜて炊いたライスの上に。

横に添えたのは
普段から
筋トレ後や小腹が空いた時用に漬けてる
アメリカンセロリのピクルス。

男飯なんで
かなり雑ですが味はバッチリ。

しかも、パリップは
パリップらしからぬ姿

な・な・なんだこれ ∑(゚∀゚lll)

ただ、

ただ、

見た目からは想像しにくいでしょうが

辛うまい クゥーッ!!”(*>∀<)o(豆)" ピリッと走る青唐辛子に ココナッツとほっこり豆な感じ。 パリップと言われれば、 かなり違うような気がするが、 うまいので結果オーライでしょ。 男飯ばんざ~い O(≧▽≦)O ワーイ♪ 次は レンズ豆を挽き割りして 作りたいっす。 では、 さよなら さよなら さよなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です