ネパール料理が食べれるGORKHA BAZAR(ゴルカバザール)のダルバート in 谷九

ネパールレストラン&バー GORKHA BAZAR(ゴルカバザール)

最近、大阪でかなり頻繁に見かけるようになったネパール料理。谷町九丁目から日本橋に向かう千日前通にも前々から気になっているネパール料理店がある。

その名はネパールレストラン&バー GORKHA BAZAR(ゴルカバザール)。

夜はBAR形式でネパール料理が楽しめ、昼は現地さながらのダルバートなどの本格ネパールカレーが楽しめる。ちなみに、ネパール料理は去年に行ったダルバート食堂でカツオのカレー定食を食べて以来となります。

GORKHA BAZAR(ゴルカバザール)はBARのような感じ

GORKHA BAZAR(ゴルカバザール)
GORKHA BAZAR(ゴルカバザール)に到着したのは、昼を少し回ったくらい。外観はインドチックというより、アジアンチックなBARという装い。ぶっちゃけネパールと聞いても、場所はピンとこないのだが、地図を見てみると、北インドの東側に位置するみたい。

先客は一組の女性で常連客の模様。店内はネパール出身のタパさんともう1人。メディアに度々出演しているので、店主さんの名前とお店は知っていたが、完全な初訪問っす!

お店に入ったらテンパリングされた香りなのか、マスタードオイルの熱した香りなのか、スパイスが鼻にツーンと鼻腔を突いてくる。

本格ダルバートからアラカルトカレーまで多種多様なメニュー

ネパール料理に疎い自分は、聞いたことないメニューから、定番のダルバートまで多種多様に揃っている。

ランチメニュー看板

ランチメニューは、カレーセット・カレーオムレツ・ダルバートの3つがある。

メニュー

夜は、アラカラルトカレー。マサラに漬け込みグリルしたシェクワ。土窯で焼き上げるタンドリなどが揃う。

ネパール料理の定番ダルバート

ランチメニュー

ランチメニューで1番気になるのは、何と言ってもダルバート。肉カレーの1250円も惹かれるが、やっぱりベジが気になる。ってことで、ベジのダルバート950円を注文して待つことに。

ちなみに、プラス250円でバスマティライスに変更可能となってます。

ダルバートの食べ方

ダルバートができる前に、食べ方の勉強でもしときます。手で食べる方法を指南していますが、今回手は遠慮しときます。タルカリ(野菜カレー)とダル(豆スープカレー)を混ぜて食べるのがネパール流。

手で混ぜる方が良く馴染むのだとか!

ダルバート

ダルバートが登場、これだけで足りるかと思って注文したが、想像していたよりボリュームがあり、ライスの量がすごい。これならノンベジを頼まなくてもお腹一杯になるはず。

ステンレス製のダルバート皿に盛られたものを、左上より時計回りで説明すると、サーグ・ダル・タルカリ・ライス・アチャールの順で飾られている。

おかず

アチャールの部分には、人参・きゅうり・ジャガイモなど。サーグはほうれん草を使ったピリッと辛いタイプ。自分的には、このサーグがかなり好み。ピシッと舌に走る痛覚を刺激するようなテイストは、酒が前にあればどんどん飲んでしまいそうな感じ。

ベジカレーとダルスープ

タルカリ(野菜カレー)は、汁なしタイプで人参・インゲン・じゃがいもなどで構成されている。スパイスも塩分もそこまで強くないが、素材の味が前に出て、ライスとの相性が良い。

しかも、他のダルやサーグなどと合わせると抜群にうまくなるんです O(≧▽≦)O ワーイ♪

となりのダルスープは、柔らかなクミンの香りと豆の風味が最高。バファリンじゃないですが、半分は優しさで出来ているような落ち着くテイスト。

肉がなければ満足できないんじゃないかと思ってた自分がアホみたい。

こりゃ、うまいっす ∑d(≧▽≦*)OK!!

最後は混ぜに混ぜて、混ぜるウマさを堪能し完食。

ヨーグルト

最後は〆のヨーグルトで決まり。

次は夜に飲みに行きたいっすね。

ごちそうさまでした m( _ _ )m

店舗情報

ネパールレストラン&バー Gorkha bazar
大阪府大阪市中央区高津1-2-16
TEL 06-4304-1608

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です