ダルバート食堂のカツオのカレー定食

ダルバート食堂のカツオのカレー定食

同じカレーといえど、
今まで手を出してなかったジャンルが
ネパールカレー
というか、ネパール料理。

ここに足を突っ込むと
抜け出せなくなる気がして…

ただ、いろんなカレーを提供する
って意味ではアリーズキッチンには
行ったことがある。

それだけとなると、
想像通り、
持ってる情報は、
正直かなり乏しい!

イメージで言うと、
ダルカレー(豆カレー)
におかずがついてきて、
米とカレーとおかずを
混ぜ混ぜボンバイェー
でワンコソバみたく、
止めるまで継ぎ足される
って感じ?

って、
くらいの知識しか持ち合わせていない。

でも、
元地元の
谷町界隈にネパール料理の新店が
できたとなると、
血が騒ぐって訳で、
ダルバート食堂に初訪問となりました。

ダルバート食堂
ダルバート食堂に到着したのは
月曜日の13時くらい。

先客は2組で女性客が多い印象。

おっさん1人でとなると
少々場違いな感じはしなくもないが、
それはそれ、
カレーはカレー!

ってことで、
勢いをつけて入店な
イン・ザ・ハウス!

ちなみに、近くのカレー屋となると、
アララギ
カレーとくつろぎ 旧ヤム邸
などとなる。

ダルバートについて
ダルバートについての説明が書かれています。

ダルバートとは、
ネパールで食べられている
ワンプレートカレーのことなそうで、
大好きなスリランカカレーや
南インドカレーのミールに近いような気がする。

ダルバート食堂のメニュー
ダルバート食堂のメニューは2種類。

今日は、
チキンカレーに鰹のカレー。

料金は100円違い。

別料金で、
スパイスライスに変更したり、
赤 or 青の絡みを増すオイルを注文したり、
自分好みにチョイスすることができる。

ギョギョギョと
魚好きな俺は、
迷わずカツオのカレー定食1100円を注文して
ウェイティングポーズ!

メニューを読むと
現地のようなワンコソバ的な
おかわり自由形式でないのが
断れない俺からすると
逆にありがたかったりする。

ここから待つこと10分で…

カツオのカレー定食
カツオのカレー定食の登場。

カツオのカレー
ダル(豆カレー)
バート(米、今回は雑穀米)
タルカリ(おかず)
サーグ(炒め物)
アツァール(漬物)
などが基本となるみたいだ。

ぶっちゃけ、
タルカリとサーグの違いはよくわからないが、
どれも飛び抜けた感じではなく、
優しい仕上がりとなってるのが特徴。

特にダルカレーがスゴイ。
パリップのような
豆々を前面に出した感じじゃなく、

豆のお粥のような
優しいスープみたい。

日本で例えると
お吸い物とか味噌汁といった感じか。

カツオのカレーも
マイルドなスパイスの使い方で、
辛さを少し感じるくらい。

これなら、
誰でも気軽においしく頂ける!

自分でカレー作ると、
鬼畜のように激辛仕立てにしてまうので、
スパイス指数の低い人は食べれなくなるのが
かなわない (^▽^;)

カツオのカレー定食
カツオのカレー定食。

カツオには味変として、
ネパールのすだちっぽいものが用意されている。

これを一搾りすると、
カレーの顔が一気に変わる。

引き締まるというか、

混ぜるカレーの
混ぜるカレーによる
混ぜるカレーの為のカレー!

となる、
どれも前提として、
混ぜるのが前提となったプレートなので、
混ぜ混ぜしてみると、

これが、
ちょうど良い塩梅で
very nice!

Delicious ∑d(≧▽≦*)OK!!

完全にネパールの世界に
ずっぽしハマりそう。

これは通いだしそうっす!

ごちそうさまでした m( _ _ )m


ダルバート食堂
大阪府大阪市中央区内久宝寺町3-3-16
TEL 06-6770-5726

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です