ルクアイーレのバルチカにある旧ヤム鐵道で合いがけキーマカレー

旧ヤム鐵道

旧ヤム系列といえば、谷6の旧ヤム邸本店、中之島洋館、そして今回の旧ヤム鐵道の3つ!

そんな中でも今回チョイスした旧ヤム鐵道は、ルクアイーレ地下2階 バルチカ内にある。梅田駅・大阪駅からスグの地下街。昼間から酒が楽しめる場所だけに、何度か飲みに来たことはあるが、カレーは初である。

飲兵衛からしたら、たまらない一角だが、ここに旧ヤム鐵道がひっそりと営業している。場所が場所だけに人通りは多いのだが、通し営業ということもあり、旧ヤム系列の中ではそこまで並ばなくても食べれるメリットがある。

もし、旧ヤムのカレーを手軽に食べたいなら、間違いなく旧ヤム鐵道をお薦めする!

バルチカにある旧ヤム鐵道は食堂車をイメージする

旧ヤム鐵道

食堂車を連想しそうな店内と外観。鉄道オタクではないので、細かいところまではわからないが、乗り鉄でも楽しめる雰囲気なのではないだろうか。

店員さんの制服もかわいくて、食堂車で給仕をする雰囲気が伝わってくる!

まぁ、店員さんがめちゃくちゃかわいいというので、プラスされるものもあるんだが(笑)

平日のランチタイム真っ只中だが、2人分の席はギリギリ空いていた。他の旧ヤムであれば大行列中の時間帯だけに、ありがたい話である。

創作キーマが並ぶメニュー

メニュー

メニューは、やはり大阪創作系カレーで第一線で走る店、名前を見ただけではどんな味か想像もできない。創作系によくある無駄に長いメニューが逆に興味を惹いてしまう。

最近流行りのマンション販売のポエム系キャッチコピーに近いようなメニューは旧ヤム系列ならでは。

とは言え、ABCDと4つあるキーマスタイルのバリエーションの多さは圧巻。その他のメニューも含め、それが代わる代わるメニューに登場するのだ。これだけのレシピは他の店では考えられない。

ってことで、俺はAとCを合いがけ920円を玄米で注文。娘はBとDの合いがけ920円をターメリックライスで注文することに。

ハーブの香りが食欲をそそる牛豚鶏のキーマ

『もろこしチャトニがけハーブ香るクリミィ牛豚キーマ』と『スパイスきんぴらと食べる胡麻と豆腐の優しい鶏キーマ』の合いがけ

『もろこしチャトニがけハーブ香るクリミィ牛豚キーマ』と『スパイスきんぴらと食べる胡麻と豆腐の優しい鶏キーマ』の合いがけを玄米で登場。

見た目からして凄いオシャレ!

カレーにきんぴらというコンビネーションにビックリするが、目の前に来ただけで香るクローブの存在感がすごい。

『もろこしチャトニがけハーブ香るクリミィ牛豚キーマ』と『スパイスきんぴらと食べる胡麻と豆腐の優しい鶏キーマ』の合いがけ

向かって左側がもろこしチャトニがけハーブ香るクリミィ牛豚キーマ。薄っすら黄色になっているのがもろこしチャトニなんだろう。

食べてみると多重的過ぎて、何が何かわからないんだが、重なるスパイスたちが舌を走る感覚がうまい クゥーッ!!”(*>∀<)o(キーマ)"

もろこしチャトニだけ口に運んでみると、ほんのり甘みを感じます。辛口とメニューにはあったが、そこまで辛いというわけではなく、食べやすいスパイス先行型な辛味という感じでしょうかね。

向かって右側のスパイスきんぴらと食べる胡麻と豆腐の優しい鶏キーマは、先ほどのキーマが早くビビッと走るスパイス感に対して、ジンワリ柔らかにスパイスが歩く感じ。

豆腐とキーマの相性が良いのは、谷口カレーなどで経験済みだが、それらとは違う感じで使われ方をした豆腐が新鮮。しかも、きんぴらがこれほどカレーと相性が良いとは知らなかった。

これもうまい クゥーッ!!”(*>∀<)o(きんぴら)"

スパイスきんぴらは、ビールのあてにもイケますよ。

ヤムカレー

ルーポットに入ったヤムカレーは、スパイススープカレーのような感じ。ガツンと衝撃をスパイス力というより、やんわりじんわり染み渡るイメージ。

これをキーマとライスのところにかけると、また違ったカレーの顔を覗かせてくれる!

これらを混ぜて食べだすと、どこから南インドカレーのミールスやスリランカカレーのような多重的な味が広がる!

豚キーマと野菜カレーのコントラストが素敵な合いがけ

『赤い旨みを集めた紅の豚キーマ ヤゲンとオクラの陳皮ックル乗せ』と『新キャベツとブロッコリーで作るジャンさんの美味しい野菜カレー』をターメリックライスは、一口づつ貰いました。

好み的には、新キャベツとブロッコリーで作るジャンさんの美味しい野菜カレーが1番好きなタイプの味だったりする。

全体的に旧ヤムのカレーは、スパイスカレーと呼ばれるジャンルに定義されることが多いですが、なぜかおのこ(男)よりめのこ(女)に指示されるカレー店。

スパイスカレーって、おのこの溜り場ってイメージがあるんですが(笑)

カルダモンやクローブをかなり強めに使っているのが特徴的な旧ヤム系列。なぜ女子ウケが圧倒的にいいのかわかりませんが、どの女性を連れて行っても、今まで喜んで貰えている。

大阪駅周辺でデート中、時間が空いたら使ってみてはどうだろうか?

ごちそうさまでした m( _ _ )m

旧ヤム鐵道の店舗情報

旧ヤム鐵道(きゅうやむてつどう)
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ B2Fバルチカ
TEL 06-6151-1544

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です