北新地 匠海のいか墨ごろカレー

北新地で 匠海のいか墨ごろカレー

北新地、一昔前なら、俺ら庶民は、
この中で働いてるスケでも囲ってない限り縁のない場所。

それが居たが、居ないかは別として、

昔の北新地は美しかった。

上・中・下通りで住み分けがあったときが懐かしい。

今やそれすらももない。

それでも、北新地 匠海だけは、今でも高級路線を崩さず、
昼はリーズナブル。夜は高級路線へとベクトルを振るお店!

今や、改変を迫られてるのか
そうでないのかは知らないが

昼のリーズナブルなところへは、おいら小市民でも行けるっつうことで

北新地で 匠海のいか墨ごろカレーのはじまりはじまり!
北新地 匠海の外看板
北新地 匠海の外看板はこんな感じ。

北新地といえば、今やランチの激戦区。

食べる人も多けりゃ、お店も多いと。
焼肉定食な世界

弱肉強食か(笑)
北新地 匠海
北新地 匠海と

佇まい正しく、高級な雰囲気を醸し出す。

どことなく、かっこいい感じがありますよね!

とりあえずお店の2Fに上がってみると、
高級店というより、お店の従業員が足らない感じ

なんだかなぁ~ (^▽^;)
北新地 匠海のメニュー
北新地 匠海のメニューはこんな感じ。

ランチは、いか墨ごろカレーオンリーyou!

880円で大盛まで楽しめるとなると、他人事じゃーない(笑)。
北新地 匠海のいか墨ごろカレー
北新地 匠海のいか墨ごろカレーは、こんな感じ!

漆黒の闇に包まれたようなカレーは、イカ墨によって作られたもの。

少々見た目はギョッとしますが、それでも愛される秘密を知りたいです。

まず、

イカフライから攻めてみると、柔らかいこと、柔らかいこと。

自宅でイカフライなんて食べた日にゃ、固くて地獄絵図となりますが、
ここは北新地 匠海。

北新地にある烏賊専門店!

ここはプロの腕の見せ所と言わんばかりの匠技。

このイカフライを食べただけも元は取れてます!
いか墨ごろカレー
いか墨ごろカレーはというと、

ごろカレーというだけあって、
細かく刻んだ烏賊がごろごろ。

これでもかって、感じで投入さている。

いかにも和風カレーという感じで、
イカ墨とスパイスの相性が抜群。

北新地 匠海のカレー、
カレー好きじゃなくても
うまく感じるんじゃないか?

そんなレベル!

むしろカレー好きじゃない方がいいかも

ここはマジうまいよ クゥーッ!!”(*>∀<)o(料理)" ごちそうさまでした m( _ _ )m


北新地 匠海
【旧店名】北新地 いか匠
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-6-1 ENISHI北新地ビル 2F
TEL 06-6341-7887

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です