ボタ(Buttah)のエビのカリー

ボタ(Buttah)のエビのカリーを食べてきました。

ボタと言えば、
アララギの本店。

2号店がアララギで、
1号店がボタ(Buttah)。

長堀通でスグの場所にある。

個人的に、
アララギのひよこ豆入り豚肉のキーマカリー
は大好きっす!

そして、
今回ボタに来た理由のひとつは、

HIPHOP好きには見逃せない
『Buttah Spice Mix CD mixed by EVISBEATS』
というEVISBEATSのMixtape
が販売されてるから。

カレー半分、
Mixtape半分って感じ。

ちなみに、
Buttahのグッズはそれだにあらず、

美人伽哩カレンダーや
オリジナルTシャツ
なんかも販売していて、
何かと気になる気になる。

ってことで、
ボタ(Buttah)のはじまり、はじまり!

ボタ(Buttah)
ボタ(Buttah)も、
古民家のを改装してカレー屋となってる様子。

シャレオツな雰囲気で
カレーとステキさ満開。

東心斎橋の路地裏に
こんなDopeなカレー屋があるなんて、
考えもしなかった!

少しごちゃ感のある店内は、
雑貨屋のようでところ狭しと、
テーブルとカウンターがある。

今回も1人なんで、
カウンターに腰掛け
周りを観察。

最近のカレー屋に多い
ツンデレな感じが、
孤高の俺には気持ち良かったりする。

ボタ(Buttah)のメニュー
ボタ(Buttah)のメニューはこちら。

たぶん、メインはキーマなんだろう。

しかし、
折角、創作系カリーが並ぶメニュー。

アララギと若干メニューが被ってるが、
この機会に普段なら注文しないであろう
海老カレーに心惹かれる。

清水の舞台からは飛び降りれないが、
飛鳥坐神社の舞台から
飛ぶ勇気で、
エビのカリー850円を注文!

しばし到着を待つことに。

エビのカリー
エビのカリーの登場。

やはり、こちらもワンプレートみたいだ。

ラインナップは、
カレー・ライス・サブジ・ピクルス・バナナとなってるらしい。

バナナはこの系列お得意のデザート!
今回は、ヨーグルトが掛かっております。

サブジは青唐辛子とひよこ豆のん。

ピクルスは、
パプリカ・キュウリ・大根・プチトマト
ってな感じ。

少しワインを使ってるのかな???
いい漬かり具合っす!

海老のカレー
海老のカレーは、
トマトの酸味に、
スパイスがジンワリ弱重で広がるタイプ。

ちょうど良い辛さに
プリップリッの海老がブリブリと
存在感をアピールする!

これが暑いこの時期にピッタリ。

マジ、
これうまいっす ∑d(≧▽≦*)OK!!

ブラウンマスターシードと
海老の相性がここまでいいとは、
これまた勉強になりました。

早速、家で試してみます!

帰り際、
しっかりCDを購入し、
体を動かしに行く途中で聴くことに。

一言で言えば、
アジア一周旅行でした(笑)

ちなみに、
誰かタマリンドの正しい使い方を
教えてくれんかな???

なんせ、初めてなモンで
非常に扱いに困ってます。

ごちそうさまでした m( _ _ )m


ボタ(Buttah)
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-8-20
TEL 06-6241-5273

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です