鮪のアンブルティヤルのレシピ

鮪のアンブルティヤルのレシピ

な~んて、
偉そうなことをほざいてるが、
俺はアンブルティヤルを食ったことがない(笑)

なら、なんで、
アンブルティヤルというフレーズが出てくるか?

理由は、
スパイスを購入しに行ったら
ゴラカがあったからという単純なこと。

人生初ゴラカ!

ってことで、
アンブルティヤルに挑戦!

めちゃくちゃなレシピやと思うんで
あまり参考にしない事をお薦めする(笑)

青唐辛子・カレーリーフ・ベイリーフ
青唐辛子・カレーリーフ・ベイリーフ。

ランペをきらしてたので、
ランペ抜きで決行でございます。

何か足そうと
代わりにベイリーフを投入してるが、

どうやら、
あまり意味はなさそうだ(笑)

ゴラカ
ゴラカはこれ!

大津屋のゴラカ

ゴラカは妙に黒く、
微妙な触り心地 (^▽^;)

初めて使うので、
どれくらいの量が適量なのか不明。

よって15gくらい使用してみることに。

ゴラカとニンニクと生姜
ゴラカとニンニクと生姜。

ゴラカは水に浸し柔らかくする。

どれくらいの時間
やっていいのかわからんので、
とりあえず2時間。

すると、
ゴラカがアラッ不思議、
なかなかのプニプニぶり。

これにニンニク・生姜。

そして、
黒胡椒適量に、
シナモンを少々裂く。
クローブを5・6粒を投入して、
ひたすら潰す!

本来は、
ミリスガラなる石を使うみたいだが、

スパイスクラッシャーすら持ってない俺が
手元にあるはずもなく、

もちろん、
アンブルティヤル作るためだけに
購入するはずもない。

すり鉢と棒でウリウリする姿、
マジ滑稽 (^▽^;)

ゴラカ団子
ゴラカ団子の出来上がり。

というか、
ゴラカ団子という名前は存在しない。

本来、
もっと潰すのであろうが、
疲れたので、
これくらいで許してゴンザレス m( _ _ )m

鮪の中トロ
鮪の中トロ。

鮪の中トロを使うなんて
馬鹿じゃないの~

と思うかも知れないが、

それは
俺が1番思ってる(笑)

とりあえず一切れ、
刺身で食ったときの幸せったらもう…

日本酒持ってこい。
と叫びたくなったから。

でも、
夕方にアメ横で1000円で購入したブツ。

ここで使わないと、
鮪のアンブルティヤルなんて、
一生お目にかかれないような気がして。

中トロ
中トロ。

ってことで、
ブツブツ文句を言いながら、
鮪の中トロをぶつ切りに。

鍋
鍋に青唐辛子・カレーリーフ・ベイリーフを投入。

そこに、
水(300ccくらい)・鮪・ゴラカ団子を投入。

弱火で火にかける。

煮立ったら、
優しくかき混ぜ、

弱火でひたすら煮込む。

要は
水分を飛ばしていくわけで。

鍋
鍋の水分がこれくらい飛んだら、
鮪のアンブルティヤルの出来上がり!

でしょ?

たぶん?

これが、
鮪のアンブルティヤルでいいんだと
言い聞かせる(笑)

鮪のアンブルティヤル
鮪のアンブルティヤル。

俺は、玄米と白米を混ぜる主義。
この絶妙なパサパサ感。

そして健康志向と言われたい (^▽^;)

その上に
鮪のアンブルティヤルをのせ完成!

食べてみると、
酸味たっぷりの鮪ちゃん。

まずくはないが、
絶賛するくらいうまくもない。

これがアンブルティヤルでいいのかどうか???

もうちょっと、
スパイスを使って、
カルダモンとかも潰した方が良かったような。

結論、
鮪の中トロは、刺身の方がうまい。

と、
元も子もないような考えが頭をよぎる。

ただ、
作る人が変われば、
もっとうまいアンブルティヤルになるはず。

どこか、
アンブルティヤルを食べれるところはないかな?

ってことで、
よろしゅうおあがり、
となりました m( _ _ )m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です