カレーライス Cari-Rio(カリヒオ)の全部のせカレー

カレーライス Cari-Rio(カリヒオ)の全部のせカレー

今回は珍しく東京でカレー
友人からお薦めされたお店。

普段、関東圏内ではカレーよりラーメン。

関西でばっかりカレーを食ってますが、
食の好みがあう友人からの一言があれば
行かないわけには行かない。

ってことで、幡ヶ谷にあるCari-Rio(カリヒオ)へ。
カレーライス Cari-Rio(カリヒオ)
カレーライス Cari-Rio(カリヒオ)に到着。

ラーメン屋で言うと、不如帰やねじ式の隣りの筋あたり。

商店街より少し中に入る場所にひっそりある感じ。
ari-Rio(カリヒオ)のメニュー
ari-Rio(カリヒオ)のメニューはこちら。

メニュー数が豊富にあり、どれを食べようか迷いますね。

すると、ウラメニューなるものを発見。

ぶっちゃけ、
机に置いてあったら
裏メニューというか、表メニューになるはずだが (^▽^;)
ari-Rio(カリヒオ)のウラメニュー
Cari-Rio(カリヒオ)のウラメニューはこちら。

すると、ありまりした。ありました。

何を食べて良いかわからんときの助け舟
全部のせという、変態技!

カレー好きな人からNGがでそうな
鬼畜の所業が大好きな俺。

そのまま注文してみることに。

ただ、夜の全部のせカレーってなってるんですよね。

しかし、お昼でも注文できちゃいました。
Cari-Rio(カリヒオ)の夜の全部のせ
Cari-Rio(カリヒオ)の小宇宙な夜の全部のせカレーの登場。

まずはサラダから机に登場したのですが、
ビックリするくらいドレッシングがうまい (o^-^o)

このサラダだけでも来た甲斐があるっちゅうもん!

ここからの、小宇宙っす。

友人曰く、この量を食べるのは、かなり厳しいと
そんな忠告もあったのですが、
カレーにスルー!

夜の全部のせカレーの見た目はボリュームあるけど
そこまでの量ではって感じでした。

まずは、食べ方があるらしく。

鉄板の熱をじーっと待ってカレーに伝える作業が必要だとか。

そのまま行くと、友人が言うには少し温い感じになるとか。

完全にテンションが上がって早く食べたい心を抑え、
じぃーと見つめます!

カレーの生殺しって、結構ツライっす(笑)

そこから軽くかき混ぜ、
一口、パクリ・・・うまい クゥーッ!!”(*>∀<)o(カレー)" 続けて、 キーマに茄子にソーセージといくと ボリューム炸裂。 カレーのルーはそこまで辛くなく 甘みの中でじんわりくるカレーの辛さが伝わるタイプ。 Cari-Rio(カリヒオ)のカレーって、ルーとライスだけじゃなく、 トッピングされてる具材のうまさも重要なライン。 これが見事にマッチしてるんですよね。 そして、食べ続けると、 中から出てくる野菜たちやお肉たち。 それらとライスと食べると、かなりお腹が張る。 えっ、俺、こんなに食えんかったっけ? って気分になるくらい。 半分あたりから腹一杯に。 忠告を無視した俺が悪いんです。 俺が...(^▽^;) でも、うまいからスプーンを止めず そのままギリギリな感じで完食。 夜飯はいりませんって感じになりましたが 大満足でした。 ごちそうさまでした m( _ _ )m


カレーライス Cari-Rio(カリヒオ)
東京都渋谷区幡ヶ谷2-48-7
TEL 03-5371-0125

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です