スホベイ(Sukhovei)のビーフキーマとチキンキーマ

スホベイ(Sukhovei)のビーフキーマとチキンキーマ。

スホベイとは、植物が枯れるくらい強烈な乾熱風らしい。

このカレー屋の店名の由来が、

そのスホベイからきてるのかはわからないが、

まさに枯れるように
強烈な辛さが味わえると

激辛カレーフリークの中で話題のお店。

前回のスホベイは、
若干ひよって
チキンキーマを食ったので、

今回こそは、噂のビーフを

カリスマになりすます俗物
メイク抜きじゃものすごくブス

みたいな感じで、
噂の真相を確かめるべく谷町九丁目へ。

スホベイ
スホベイに到着。

谷九の交差点にあるスホベイ。

アツーイ!

この交差点も

谷九という街も

気温も

スホベイに入ると、

先客がお1人さまと

いい感じ!

スホベイのメニュー
スホベイのメニューはこちら。

上から下へと受け流すスタイル。

ビーフキーマの辛さを筆頭に
優しさのポークカレーまでとなってる。

今回も、まだ弱びびり

チキンキーマを半分残しつつ
ビーフキーマの合いがけ。

チキンキーマとビーフキーマの合いがけ
100円アップの800円で注文。

スホベイのビーフキーマとチキンキーマ
スホベイのビーフキーマとチキンキーマの登場。

小皿でピクルス

そして、
カボチャさんがほんのりあまく

以前より、
はんなり感がUPしたような!

まず、食べたことのある
チキンキーマを一口。

やっぱり、この味好きだー ∑d(≧▽≦*)OK!!

次に、
ビーフキーマを一口。

あっ、こんなもんかぁ~

これなら大丈夫と思った矢先、

キーーーーーン
ジーーーーーン
と走る辛さ。

辛ッ
辛ッ
辛ッ

ってか、口の中が軽く火傷状態(笑)

ラブ・ストーリーは突然に

だって フォーリンラブ 突然

より突然の出来事に少々笑えてきた。

この辛さはめちゃくちゃ尖ってる!

キレッキレの辛さというか。

ここからは、
チキンキーマを食べても
お口の中は火事芽衣子

恨みま~す(笑)

ただ、
これでもスプーンは止まらず一気に完食。

中毒性があるというか
激辛好きを虜にする刺激!

辛いのに強い人は
ビーフキーマだけの方がいいかも

かなりインパクトあるんで、
合いがけにすると、
ビーフに全部もっていかれるから。

スホベイのビーフキーマとチキンキーマで
元気でました。

栄養ドリンクより
シャキッとするカレー

俺は好きです!

ごちそうさまでした m( _ _ )m


スホベイ (Sukhovei)
大阪府大阪市天王寺区生玉前町1-25
TEL 06-7896-4915

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です