インデアンカレー堂島アバンザのインデアンスパゲッティは甘くて辛い【大阪名物カレースパ】

大阪カレースパ

カレースパというと、大阪の人間にはメジャーな食べ物だが、全国的に馴染みのない食べ物かもしれない。ただ唯一、東海地方を除いての話になる。スパゲッティにカレーなんて邪道だと思うかもしれないが、案外食べてみるとアリだったりする!

大阪カレー文化の不思議なところは、インデアンカレーをはじめとする、ファーストテーストは甘く口の中に広がり、後からじんわり辛くなるタイプが根強く人気なところ。そのインデアンカレーが出すインデアンスパゲッティが、大阪で言われるカレースパの代名詞となる。

巷では、カレーパスタやカレースパなんて言い方もしますよね!

関西人は、なぜか無性にこのカレースパを食べたくなるんです。俺も例外なく年に数回だが、本格的なカレーでなく、甘辛いカレールーがかけられたスパゲッティを食べたくなる1人。

梅田付近は、インデアンカレーの聖地。阪急三番街店 堂島店 堂島アンバザ店 中之島フェスティバルプラザ店と数多く揃っている。そんな中でも、今回は未だ行ったことのないインデアンカレーアンバザ店に行ってみることにした。

堂島アバンザ地下のインデアンカレー

堂島アバンザ

旧毎日新聞社の跡地に建てられた堂島アバンザビル。建物はわかりやすいのだが、地下に潜るところが少しわかりにくかったりする。

一応ビルの中のエレベーターからも入れるのだが、地下街から入るか、堂島アンバザの階段から地下街入るのがわかりやすい。

建て替え前永らく記者の方々に愛されたインデアンは、新ビルにも出店し、新しい歴史を刻んでおります。

ターバンを巻いたおじさんが目印

インデアンカレー

インデアンカレーの目印は、ターバンを巻いたインド人チックなゆるキャラ。インド料理とはかけ離れたカレーを提供する。しかし、れそは今の時代だからこそ言えること。

我ら団塊ジュニア世代以降の大阪人からすると、「なんやインデアンカレーかぁ〜」なんて思うかもしれないが、1947年に創業したインデアンカレーは、当時の大阪人からしたら斬新な食べ物だったと思う。

それを証明するかのように、俺らの親世代にあたる団塊世代の大阪人は、カレーと言えばインデアンカレーである。

今は奈良に住む俺だが、大阪生まれで親も生粋の大阪人。うちの婆ちゃんのお見舞いに行くと、「この病院のご飯はもむないから、家に連れて帰って」というのが口癖。たまに古い大阪弁を使われると、少し考えないとわからないくらい。

※ もむない=まずい

そんな、うちのおかんとバアちゃんがカレーと言えば、インデアンカレーなんです!

その血を引く俺もカレーと言えば、インデアンカレーと言いたいところだが、カレースパゲッティになっただけの話(笑)

昼時のインデアンカレー、行列はないが常連客で賑わう

インデアンカレ-

インデアンカレーは行列こそないが、どこの店舗も常連客がひきりなしに入ってくる。男性客だけと思うなかれ、いきなり女性1人で入ってきて「ピクルス大盛、カレー普通盛りで!」なんて光景、よく見るからビックリする!

写真を見るとガラガラに見えるが、時間が早かったからと、超絶に良い回転率のたまもの。この後、数十分後には7割くらい席がうまる。

インデアンカレーのメニューは至ってシンプル

メニュー

インデアンカレーメニュー
インデアンカレー750円
インデアンスパゲッティ730円
ミートスパゲッティ650円
ハヤシライス620円
ピラフ620円
ビール300円
コーラ200円
ウーロン茶200円
ルーダブル500円UP
ルー大盛200円UP
ライス大盛50円UP
スパゲッティ大盛50円UP
ピクルス大盛50円UP
タマゴ入り50円UP

メインはもちろんインデアンカレーなんだが、インデアンスパゲッティも負けてない。前回、福仙楼のカレーヤキソバを紹介したが、それとはまた違うカレー麺類である。

非常に驚くのが、パスタ大盛やライス大盛は理解できる。しかし、200円を払ってルー大盛や500円支払ってルーダブルというのが理解しがたい。しかし、店内を観察すると注文してるオッチャンどもが多い。

俺が今回注文したのは、ノーマルにインデアンスパゲッティ730円!

インデアンスパゲッティーのおな〜り〜!

と言いたいところだが、登場する5分までの間、まずはピクルスだけ先に出される。ピクルスと言ってもキャベツの浅漬けと理解して頂きたい。

ピクルス

このキャベツのピクルス、妙にうまいんです!

次はピクルス大盛にした方がいいのか?(笑)

インデアンスパゲッティは腹一杯になるだけじゃない!

インデアンスパゲッティー

写真で見るとたいしたことない量に見えるが、実際食べて見ると想像以上に腹一杯に到達する。

味?

まぁ、そんなに焦らない、焦らない!

トロッとしたカレールーがかかったカレースパは絶品!

パスタにカレーがかかってるだけ

これぞ究極のB級グルメではないか?

カレースパ!
又の名を
インデアンスパゲッティ!

これ以上、ジャンクで「やめられない止まらない」食べ物が世の中に存在するだろうか?
決して、全面にバンザしてウマイと言えるものではない。インデアンカレーらしく、甘いフルーツの甘みの後に、重たく辛いヘビーテイストが口内を走り抜ける。

それを「ウマイか?」と問われると、「うまいというより、癖になる美味しさがインデアンカレーにはある!」と答えてしまう。イタリア料理がすすめるアルデンテなんて茹で方はどこ吹く風。

柔らかめに茹でられたパスタは、まるで失敗作のような食感だが、ことインデアンスパゲッティにおいては、絶妙な食感を演出してくれる。

是非、大阪に来た時は食べて欲しいグルメ。もし関西圏在住で食べていないなら、1度は食べて見ることをオススメする!

ごちそうさまでした m(_ _)m

インデアンカレーアバンザ店舗情報

インデアンカレー アバンザ店
大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザビル内
TEL 06-6345-5616

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です